歴史街道 » 本誌関連記事 » 会津美里町に築城した理由とは? 「向羽黒山城ものがたり」(第2回)

会津美里町に築城した理由とは? 「向羽黒山城ものがたり」(第2回)

2024年01月16日 公開
2024年02月05日 更新

《PR》原作:今川美玖 漫画:吉田健二

向羽黒山城ものがたり

名将・蘆名盛氏は、永禄4年(1561)、現在の福島県の会津美里町に、向羽黒山城を築き始める。城と蘆名家がたどった意外な歩みとは――。

 

向羽黒山城ものがたり 第2回

向羽黒山城ものがたり1

向羽黒山城ものがたり2

向羽黒山城ものがたり3

 

【「もりうじくんアプリ」は下記から!】
もりうじくん

向羽黒山城は、日本屈指の山城であると城郭考古学者の千田嘉博先生は述べています。戦国時代、会津を治めた蘆名盛氏が築城し、伊達政宗と蒲生氏郷が受け継ぎ、さらに会津征伐の徳川家康を迎え撃つために上杉景勝と直江兼続が要塞化した日本最大級の山城です。

会津美里町は、コーエーテクモゲームスの「信長の野望・新生」とコラボレーションした専用サイトと、向羽黒山城跡のモデルコースを案内する無料のナビゲーションアプリ「もりうじくん」を開発。

「虎口」「馬出」といった見どころや「ご利益のある神社」をめぐるポイントラリーを実施し、コンプリートの際には、特別仕様の御城印をプレゼントします。歩いてめぐることができる日本最大級の要害を、ぜひ現地にお越しになって、ご堪能くだされ。

【「向羽黒山城特設サイト」はこちら!】
https://www.mukaihaguro-yabou.jp/

【国指定史跡「向羽黒山城跡」に関するお問い合わせや現地ガイドの申請先】
一般社団法人 会津美里町観光協会 TEL0242-54-4882(9:00~17:00)

 

歴史街道 購入

2024年8月号

歴史街道 2024年8月号

発売日:2024年07月05日
価格(税込):840円

関連記事

編集部のおすすめ

数々の名将が夢を託した「日本屈指の巨大山城! 向羽黒山城ものがたり」

《PR》原作:今川美玖 漫画:吉田健二

蘆名義広~伊達政宗に敗れた男、 流転の末に角館に小京都を築く

鷹橋忍(作家)

上杉景勝が家康に送った「直江状」は偽文書か? “否定派vs.肯定派”専門家の見解

渡邊大門(歴史学者)

上杉謙信の「車懸り」戦法、ルーツは村上義清だった?!

乃至政彦(歴史家)
×